心の不調と周囲の理解

男の人

現代病ともいえる心的不調

現代において心の不調は決して珍しいものではありません。あるデータによると全世界でのうつ病の患者数は3億人を突破してしまったそうです。また、国内でも医療機関を受診した人数は112万人にも及ぶそうです。実際の患者数はもっと多い事が想像されます。うつ病の患者はあなたの身近にもいるかもしれませんし、またあなた自身が患者になる可能性もあると言う事です。以前に比べて心の病についての偏見はかなり減ったと言えますが、それでも病気自体の理解がすすんでいるとは言い難い状況です。理由としては、「自分とは関係がない」、「病気の事を軽々しく聞けない」、「接し方がわからない」などが挙げられます。でも先にも述べたように、うつ病の方はあなたの身近にいる可能性があります。その為にも、さらにこの病気を理解して、特に接し方を覚えておく必要があるでしょう。心の不調をすべてまとめて「うつ病」と考えてしまいがちですが、厳密には適応障害や不安障害、パニック障害など様々な心的不調の病気があります。うつ病自体にはまだまだわからない事がありますが、何らかのストレスが引き金となり、脳内の伝達物質の減少などが理由と言われています。原因がはっきりとしている一時的な気分の落ち込みなどはこの病気とは異なります。周囲にうつ病の患者がいた場合、どのような接し方をすれば良いのでしょうか。昔から「頑張って」などと励ましてはいけない、などと言われています。しかし、所謂「新型うつ」と言われる症状の場合は、ある程度の励ましは有効との意見もあるようです。一般的には「プレッシャーをかけない」事が重要と言われています。うつ病になる方は、真面目で几帳面な性格の人が多いようです。そのような人に「仕事に行かないと」「学校に行きなさい」と言う言葉は酷ではないでしょうか。本人が十分にそれを理解している場合が多いからです。それよりも、感情的にならずに、本人に寄り添う姿勢が大事です。またうつ病は医学的にもまだまだ原因がわからない病気です。本人にとっても同様です。それなのに原因を追究するような聞き方をしても仕方がありません。焦らず、ゆっくりと治療の時間を与えてあげる事が重要です。また何よりも重要なのは早目の専門医の受診です。もしもあなたの周囲に、心の不調を感じさせる人がいたら、心療内科や精神科の受診をすすめてみましょう。もしもそれがあなたの家族ならば、お医者さんにどのような接し方をしたら良いかも聞いてみる事が出来るかもしれません。大事なことは、うつ病は決して珍しいものではなく、適切な治療が何よりも重要だと言うことです。

Copyright© 2018 うつ病の人に対して正しく接しよう【理解した接し方が大切】 All Rights Reserved.