現代の精神病問題

ナース

配慮は言葉から

ストレスによるうつ病が問題視されています。これを発症すると、無気力になったり常に不安を感じたりとネガティブな精神状態になります。人付き合いを避けるようになったりと、生活上に問題が出ることもあります。こういった気力の低下がメインのタイプは「大うつ病」と呼ばれ、一般的に知られる症状がこれになります。近年では、新しいタイプのうつ病も確認されています。これは一般的な症状とは違って、患者が一見元気に見えることが特徴です。患者本人も自覚がないことがあり、発見が遅れがちな部類になります。その一つが「仮面うつ病」と言われる症状で、最も見落とす可能性が高いものです。気分の落ち込みがほとんどなく身体症状がメインのため、精神病と判別が付きにくいのが特徴です。どう見ても元気なのに原因の分からない頭痛や腹痛に悩んでいる人がいたら、通院を勧めてあげるといいでしょう。いずれのタイプにも言えることは、患者への接し方に注意が必要なことです。とくに話し方に気をつけましょう。怒られると嫌な気分になるように、言葉一つで負担を大きくしてしまいます。患者に話す時は、症状のことには触れないように心がけましょう。なるべくうつ病のことを避けるのが適切な接し方です。もし、自分の家族にうつ病を患った人がいるのなら、病院へ同行しましょう。本人を治療する以外にも、役立つ情報が多く手に入れられます。とくに重要なのが、患者になった家族への接し方が分かることです。うつ病治療で一番やってはいけないことが、家族同士で負担をかけ合うことです。接し方を知らないままでは、知らないうちに悪化を助長することにもなりかねません。うつ病の家族のことを思うなら、他の家族が配慮に必要なことを知ることが重要です。病院へ行く以外にも、ネットの情報から接し方を勉強することもできます。職場にうつ病の人がいる時も、接し方を知っているのと知らないのとでは振る舞い方がだいぶ変わるでしょう。「ちゃんとやれ」などの心ない言葉をうっかりかけるということもなくなります。ネット情報には閲覧や調査が簡単という利点もあり、事前勉強にはうってつけの手段です。言葉を学ぶのも、患者の配慮に繋がります。うつ病の人であっても、指導が必要になる場合が絶対にあります。負担ばかり気にすると、必要なことが伝わらないこともあるでしょう。その時にやんわりとした言葉で話すことができれば、大きな負担をかけずに済みます。接し方が分からない時は、言葉に配慮することを意識するといいでしょう。

Copyright© 2018 うつ病の人に対して正しく接しよう【理解した接し方が大切】 All Rights Reserved.