心の健康を目指す

聴診器とハート

ストレスとの向き合い方

うつ病は誰でも発症する可能性があります。現代社会はストレス社会とも言われていて、いかにストレスを溜めずに生活していくかは心の健康のカギとなります。なるべくストレスのない環境が望ましいのですが、ストレスのない環境を維持するのは難しいです。いかにストレスを解消できるかは大きなポイントになります。体を動かすことと好きなことに没頭することはストレスを解消してくれるだけでなく、体全体によい影響を与えてくれます。運動不足だと血行も悪くなりますので、ストレスの溜まりやすい体になってしまいますので注意が必要です。性格的に、几帳面だったり神経質、他人からどう見られているか気になる人などはうつ病になりやすいと言われています。自分なりの考え方を少しゆるくしてみたり、ちょっとした工夫をしたりするだけでも発症を抑えることへつながります。家族内でうつ病を発症してしまったら、無理をさせずにできるだけ生活環境を整えてあげることが大事です。接し方としては、基本的にはいつもどおりですが、必要以上に励ましたり、応援したりするとかえって負担に感じてしま場合があります。また症状がなんとなくやる気のなさを感じてしまう場合もありますが、うつ病の症状の一つなので、そこを理解した接し方が大切です。仕事や家庭内でとても忙しくて、体が疲労困憊になってしまうと発症しやすくなりますので、適度な休息はとても大切です。特に夜よく眠れない人は注意が必要です。不眠症の原因として、不規則な生活習慣が挙げられます。中には体が疲れすぎると眠れなくなってしまう場合もあります。睡眠をしっかりと確保することは重要です。勤務時間が不規則な人も注意が必要です。うつ病は知らない間に進行してしまうケースも少なくありません。気が付いたら重度のうつ病になっていたという場合もあります。また本人では気が付かない場合もあります。家族や身近な人が気づいてあげられると早めの治療が可能です。接し方で迷ったら、担当医師に相談してみると解決策が見つかりやすくなります。治療は専門医を受診してから、比較的長期間の治療になりますので、気長に構える必要があります。接し方を意識しすぎて、家族や身近の人が逆にストレスになっては意味がありません。うつ病の治療をスムーズに進めていき治していくには、見守る家族や身近な人が元気でいなければなりません。すぐに快方に向かわなくても、少しずつ快方へ向かっていけますので、大きな気持ちいることです。時には間違った接し方をしてしまっても、知らなくて当然というおおらかな気持ちでいることです。

罹りやすいタイプはいる

診察

真面目で几帳面、責任感が強いきっちりタイプはストレスを溜めやすいためか、うつ病を発症しやすい傾向にあります。もし抑うつ状態が続いている人が家族にいれば、否定的な態度を見せないなど接し方に気をつけ、早い治療が必要だと理解させることが大切です。

詳しく見る

現代の精神病問題

ナース

うつ病には一般的な症状のほか、仮面うつ病などの発見が難しいタイプがあります。患者と接する時は、症状に触れないようにして言葉に配慮することを意識しましょう。病院への同行やネットの利用で、患者への接し方を知ることができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病の人に対して正しく接しよう【理解した接し方が大切】 All Rights Reserved.